<年末調整>源泉所得税の納付が遅れたり早すぎたりした場合

年末調整の時には所得税の納付があったり還付があったりで、かなり税金の納付が複雑になりますね。

少しでも従業員の税金の計算を間違えたりすると、自動的に会社全体の納付額まで変わってしまうような場合も多く、その場合には、結果として、悪意がなくても、源泉所得税の支払いが遅れる場合が出てきます。もちろん、その逆も出ますね。

 

<税金納付が早すぎた・多すぎた場合>

この場合は何の問題もないです。次に払うときに超過額を控除してフィニッシュです。先に払ったからといって利息を貰えるようなものではありませんが、税務署はこの点について何も指摘しません。

 

<税金納付が遅かった場合・少なかった場合>

厄介なのはこっちです。自分で気づいて追加で払った場合でも延滞税は原則としてかかります。

(1) 納期限から2ヶ月経ってないケース
原則として年「7.3%」
年利息「7.3%」と「特例基準割合+1%」のいずれか低い割合となります。金額は年によって違いますが、おおよそ年利で5%ぐらいと考えておけばいいでしょう。

(2) 納期限から2ヶ月以上経った場合
年利「14.6%」で計算されるのが原則です。ただし、「特例基準割合+7.3%」が年利14.6%より低い場合には、そちらで計算されます。ざっくり、10%程度のイメージでしょうか。

じゃあ、これを逃げ切る方法はないのかと、聞かれます。なかなか微妙ですが、よくやっているのは納付書の書き方です。本来はその年の1月に収めるべき税金ですが、納付書にはたとえば6月と書いて逃れようとする人もいます。もちろん、違法行為です。

忘れてはいけないこと。

納付が遅れた場合には延滞税だけでなく不納付加算税も課せられます。

自分で気づいて居収めた場合は5%。税務署の指摘に従った場合は10%です。ただしこの加算税が5000円以下であれば切り捨てられます。つまり納付不要です。

皆さん、延滞税だけと思いきや、不納付加算税まで課せられたとなれば思った以上の追徴を食らうことがあります。遅れてしまうのはミスもあるので仕方ないと思いますが、そのリカバリーは極力早いほうがいいということでしょう。

 

神戸の税理士事務所

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ